© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

カテゴリー:ミュージカル

思いを伝える

感情が乗る声乗らない声

まずは声質。あるいは声色とでもいいましょうか。例えば子供の機嫌を取ろうとするときに出すような猫なで声。気のある異性の気をひくために自然と出る、女性ならば「普段より少し高め」男性ならば「普段より少し渋め」の声(笑) こういうのは、伝える相手が目の前にいるから自然と出てくるものですよね。対象人物に直接向かって声を伝えている状態です。

ビブラート

トーン音楽教室からの挑戦状vol.2|ビブラートってどうやるの?

ビブラートって何?? ビブラートってどうやったらできるんですか? と言う質問をよく受けます。 難しいですよねー。よくテレビなんかで…

ヨガ

腹式呼吸のやり方1.2.3

腹式呼吸の簡単な練習方法3ステップ viva陰ヨガ 腹式呼吸は歌でも大事!! 3ステップで簡単に出来る!家で腹式呼吸を練習する…

マンツーマンレッスン

1対1のボイストレーニングだから得られること

動画で何でも簡単にレッスンした気になれる現代。歌のレッスンに限っては動画レッスンは意味がない。リターンのない1方向のレッスンツールは歌のレッスンに限っては効力を発揮しないのだ。そしてグループレッスンにも限界がある。歌のレッスンに最適なのは?

声の色彩

自分の声ってどんな声?

どんな役に向いているの? よく生徒さんに声種についての質問を受けます。 「私の声ってどんな役にむいていますか・・・?」というような類…

声を作る

声を組み立てるって大事

ボイスメイクと発声の違い 先日のレッスンのときに、ボイスメイクと発声の違いについて生徒さんと意見交換しました。 トーン音楽教…

セリフレッスン

オーディション用セリフレッスン

声の高低なども考えていきながら、最後は受験するオーディションの団体の特徴やクセを考えて、それらをセリフに落とし込んでいきます。ここでもまたセリフが別物のようになっていきます。団体によって一つのセリフがこんなにも変化するんですね。

楽譜

作曲家や演奏家のインスピレーション

集中出来ない時には 譜面を前にしてもどうしても集中できない時があります。おなかがすいた、とか眠いなぁとか。そういう時にサクッと諦めて気…

音の色

オペラ座の怪人をテーマにしたミュージカル

練馬区は暑い・・・ 今日は変なお天気でした。練馬区は急に雨が降ったり、かと思ったらすぐに日が射して来て。太陽が顔を出しているのに雨がぱ…

声の束

ミュージカル発声への挑戦〜基礎練習はとても大事〜

クラシックとミュージカルの違い・・・? クラシック声楽はまず自分の声の特性を確立していきながら、その声にあったキャラクターの曲に挑戦し…

ページ上部へ戻る