© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

ピアノ講師の柳平淳哉先生

楽器の王様

古いピアノ楽器の王様と言われるピアノ。
幅広い音域を持つピアノを弾く時は、自分自身が指揮者となって、たくさんの音を奏で、オーケストラを聴いているような楽しい時間です。
しかし、ピアノは減衰楽器。一度出した音を大きくする事はできません。
直接自分自身を楽器とする声楽や、息を吹き込む管楽器などに比べて、歌う事がとても難しい楽器です。
歌のように聴こえるピアノを弾く事ができたら、とても幸せな事だといつも思います。
また、自分のピアノを持ち歩く事も難しいので、本番ではいつも違うピアノを演奏する事になります。
練習をいつも共にしてくれる家のピアノで弾けない事は寂しいですが、毎回新しいピアノの新しい音に出会える事は、まるで旅をしているようで、ワクワクします。
毎回違うのはピアノだけではありません。季節によって温度、湿度が変わると、木でできたピアノも伸縮するので、音が変わります。
自分自身の体調の違いによっても音は大きく変化します。

「耳をすます」事と「即興性」

ピアノと花
ピアノを演奏する時大事な事はたくさんありますが、私は「耳をすます」事と、「即興性」を特に大切にしています。
歌う事が難しい分、よく耳をすまし、音の波(うなり)が聴こえるまで響きに集中します。
毎回状態が違う事を楽しんで、例え練習の時とは違う音が出てしまったとしても、それを肯定し、次の音へどう繋げていくか考えながら演奏していくと、音は生き物になります
そうやって力が抜けて、感じるように音が聴ける状態になると、まるで音と会話をしているようで、時間を忘れます。
そんな時、いつも幸せを感じます。
ピアノは自分自身を映す鏡のようで、ピアノを弾いていると、自分が今どんな状態なのか分かります。
いつピアノを始めても、遅い事はありません
楽しい時も、そうでない時も、ピアノは自分を支えてくれます。
ピアノと良い付き合いをずっとする事ができたら、一生の宝になります。
ピアノを通して、生徒さんそれぞれの自分だけの音を、一緒にみつけていきたいと思います。

思いを伝える

感情が乗る声乗らない声

まずは声質。あるいは声色とでもいいましょうか。例えば子供の機嫌を取ろうとするときに出すような猫なで声。気のある異性の気をひくために自然と出る、女性ならば「普段より少し高め」男性ならば「普段より少し渋め」の声(笑) こういうのは、伝える相手が目の前にいるから自然と出てくるものですよね。対象人物に直接向かって声を伝えている状態です。

ビブラート

トーン音楽教室からの挑戦状vol.2|ビブラートってどうやるの?

ビブラートって何?? ビブラートってどうやったらできるんですか? と言う質問をよく受けます。 難しいですよねー。よくテレビなんかで…

ヨガ

腹式呼吸のやり方1.2.3

腹式呼吸の簡単な練習方法3ステップ viva陰ヨガ 腹式呼吸は歌でも大事!! 3ステップで簡単に出来る!家で腹式呼吸を練習する…

マンツーマンレッスン

1対1のボイストレーニングだから得られること

動画で何でも簡単にレッスンした気になれる現代。歌のレッスンに限っては動画レッスンは意味がない。リターンのない1方向のレッスンツールは歌のレッスンに限っては効力を発揮しないのだ。そしてグループレッスンにも限界がある。歌のレッスンに最適なのは?

7つのポイント

残り1年でも大丈夫! 音楽大学合格のための7つのポイント!

音楽大学受験のために押さえておくべき7つのポイント。実技試験以外は何を勉強したら良いの?入試のレヴェルってどんなもの?急に進路を決めたから、専攻楽器以外の知識がない!!そんな人でも大丈夫!7つのポイントをしっかり理解して、音大受験を切り抜けよう!

ページ上部へ戻る