© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

ピアノ講師の柳平淳哉先生

楽器の王様

古いピアノ楽器の王様と言われるピアノ。
幅広い音域を持つピアノを弾く時は、自分自身が指揮者となって、たくさんの音を奏で、オーケストラを聴いているような楽しい時間です。
しかし、ピアノは減衰楽器。一度出した音を大きくする事はできません。
直接自分自身を楽器とする声楽や、息を吹き込む管楽器などに比べて、歌う事がとても難しい楽器です。
歌のように聴こえるピアノを弾く事ができたら、とても幸せな事だといつも思います。
また、自分のピアノを持ち歩く事も難しいので、本番ではいつも違うピアノを演奏する事になります。
練習をいつも共にしてくれる家のピアノで弾けない事は寂しいですが、毎回新しいピアノの新しい音に出会える事は、まるで旅をしているようで、ワクワクします。
毎回違うのはピアノだけではありません。季節によって温度、湿度が変わると、木でできたピアノも伸縮するので、音が変わります。
自分自身の体調の違いによっても音は大きく変化します。

「耳をすます」事と「即興性」

ピアノと花
ピアノを演奏する時大事な事はたくさんありますが、私は「耳をすます」事と、「即興性」を特に大切にしています。
歌う事が難しい分、よく耳をすまし、音の波(うなり)が聴こえるまで響きに集中します。
毎回状態が違う事を楽しんで、例え練習の時とは違う音が出てしまったとしても、それを肯定し、次の音へどう繋げていくか考えながら演奏していくと、音は生き物になります
そうやって力が抜けて、感じるように音が聴ける状態になると、まるで音と会話をしているようで、時間を忘れます。
そんな時、いつも幸せを感じます。
ピアノは自分自身を映す鏡のようで、ピアノを弾いていると、自分が今どんな状態なのか分かります。
いつピアノを始めても、遅い事はありません
楽しい時も、そうでない時も、ピアノは自分を支えてくれます。
ピアノと良い付き合いをずっとする事ができたら、一生の宝になります。
ピアノを通して、生徒さんそれぞれの自分だけの音を、一緒にみつけていきたいと思います。

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る