© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

私が歌を歌う理由(川波ちひろ)

歌を歌うという事
歌いたい気持ち

私が最初に歌を習った先生は、「自分は言葉で物事を表現する事がとても苦手です。だから、歌にのせて自分の感情を表現しようと思ったのです」とおっしゃっていました。次にレッスンしてもらった先生は口から先に生まれて来たんじゃないの??とまわりから言われている程おしゃべりが大好きな先生でした。最初の先生とは真反対な感じでしたが、歌に対するときいつもいつも緊張をもって丁寧に歌うような先生でした。少し大人になってレッスンについた先生は、とてもおおらかで朗らかで、でも有り余るほどの情熱を常にたたえている方でした。ただし、この先生も歌以外の部分ではたくさんのコンプレックスをもっているといつもおっしゃっていました。
いろいろな先生に出会い素晴らしいレッスンを受けさせてもらいましたが、全ての先生方が、歌を歌うときに、何と真摯にそうして堂々と歌っている事だろう・・・というのが、私の先生方に関する共通の印象です。どの先生も歌に対峙したとき、本当に堂々とそして凛としていらした事が思い出されます。(故人のように書いてしまっていますが、皆様まだお元気です)
私も様々なコンプレックスを抱えています。皆さんも生きていれば大なり小なりのコンプレックスを抱え、ジレンマに陥ってもがき苦しむ事もあるのではないでしょうか?
でも、歌に対峙したとき、それらのコンプレックスが小さなものに思える瞬間があるのです。身体を大きく使い、感情を歌の中に投げ込み、自分自身を歌の中の背景や情景に同化していくという作業は個人という枠から私自身を解き放ってくれます。歌を歌うとき、私はいつもこんな素晴らしく心地よい瞬間に出会うのです。
生徒さんをレッスンしていても、「あぁ、今日は元気がない様子でいらっしゃったけれど、もうこんなに表情が明るくなって来た!」と思うような瞬間が多くあります。

あたらし気落ちで

歌を歌うという事は、大げさかもしれませんが、心を浄化する作業にとても近いと思います。浄化という言い方が大げさなら、リフレッシュ・・・でしょうか・・・?
自分と言う「個」からいったん離れて歌の中に飛び込み、またそれをよりオリジナリティーのあるものにするために「個」に戻す。その作業をする過程で、自分自身を客観的に見つめる事が出来、そしてがんじがらめになった「個」から解き放たれる事で心がすーっと軽くなるのです。
軽くなった心でもう一度自分自身を見つめてみれば、今までとは違った考え方が出来るようになって来ます。
歌を歌うことは、自身を解放して心をスッキリとしてくれる作用があると確信しています♪

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る