© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

高音へのアプローチ

ブリッジ〜裏声にひっくり返っちゃう!!

高音へのアプローチ

裏声にひっくり返ってしまうという悩み

Misiaさんの「to be in live」のレッスン中の事。ブリッジの地点から急に裏声にぼたっと落ちてしまう。。。つまり、裏声にひっくり返ってしまうという事にお悩みの生徒さんへのレクチャー。
こういうお悩みを持っていらっしゃる方は多いのではないかと思います。特にボイトレのレッスンでは必ずと言っていいほど皆さんこの部分で悩まれています。
地声である程度の高さまで歌えてしまう、いわゆる「喉を持っている」人ほど、この悩みに苦しまされている人が多いように思います。いままでずっとこうやって歌ってきたけれど、高音への移行が上手く出来ない・・・。急に弱い声になってしまう・・・。裏声の歌い方は分かるのだけれど、裏声に持っていきたくないなどなど。
つまりは高音まで中音域で歌っているのと同じ要領で歌いたいというのが共通の望みなんですよね。
でもここでちょっと待って!と、ストップしてもらいます。

上達!!

歌う時、身体はどんなふうに使ってる?

まずは中音域の歌い方。ここを「中音域はもう歌えているから・・・」と何となく流してしまっては、高音へどうアプローチしていいのかがわからなくなります。どういうふうに中音域を歌っているのか、どう感じながら歌っているのか。それは高音に続く発声としてはOKなのかNGなのか。よくよく身体の使い方、喉の使い方を見返しながら、まずは自分自身がどういう発声をしているのかが分かりやすい中音域から再確認していきます。
この作業が終わった方から、中音域から高音域への声の運び方の練習。最初は裏声に落ちてしまう事を躊躇しないで、どういう風に身体を使えばどういう声が出て行くのか、身体はどう動いているか、など細かく生徒さん自身に理解してもらいます。この作業で身体の作りを大分理解出来ます。そうすると、どのように身体を使っていけばどういう作用がおこるのかが自分自身で気づけるようになります。

筋肉を意識しながら歌うレッスン

そこから、呼吸や発声で使っている筋肉を意識出来るように訓練していきます。そうすれば、今まで使っていなかった筋肉を使わないと高音部の発声が難しい事が分かっていきます。
そうすれば、そこからは、筋肉の動き呼吸の方法、脱力と力の入れ具合など様々な要素を考えながら曲にアプローチ出来るようになり、中音域から裏声に落ちないでかなりの高さまで持っていく事が出来るようになります。もちろん、裏声への滑らかな変換と強い裏声の発声方法も同時に手に入れていく事が出来るのです。
自分自身で理解していくことが何よりも大切ですね。

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る