練馬桜台トーン音楽教室

桜台駅5分、練馬駅10分、豊玉北バス1分、近隣コインパーあり

ボイストレーニング

歌を習いたい人必見!ボイストレーニング教室を選ぶ前に知っておきたい4つのこと

疑問

歌を習いたいって漠然思っている。だけど自分がやりたいことってどの教室を選んだら実現できるのかわからない、と悩んでいませんか?
ここで紹介しているポイントを押さえながらあなたの理想をはっきりとさせることで、あなたが通うべきボイストレーニング教室がわかるようになります。
実際、TONE音楽教室の体験レッスンに来てから自分がやりたかった歌のレッスンをはっきりと認識できた!と言ってくださる方がたくさんいます。
歌を習うためにはどんな歌を歌えるようになりたいのか、どんな理想像に近づきたいのか、というイメージを生徒様がはっきりと持つこと、そしてそれを講師と共有することが大切です。

目次

  1. まずは歌の種類(ジャンル)を把握しよう
  2. 1-1大きく分類するとクラシックとそれ以外
    1-2ジャンルってどうやって分けられるの?
    1-3 あなたが歌いたいのはどんな曲?
    1-4好きな曲を歌うことから始めよう

  3. どんな教室を選べばいいの?
  4. 2-1クラシックに強い教室
    2-2ミュージカルに強い教室
    2-3ポップスや歌謡曲に強い教室
    2-4番外編 演歌に強い教室

  5. 体験レッスンに行ってみよう
  6. 3-1体験レッスンで見るべきポイント
    3-2その教室はどんなことを大切にしている?

  7. 何を基準にして教室を選べばいいのか
  8. 4-1あなたが譲れないポイントはどこ?
    4-2ファーストインプレッションは大切。
    4-3通い続けないと見えてこないこともある。

  9. 結論

歌のジャンル

1.まずは歌の種類(ジャンル)を把握しよう

 

1-1大きく分類するとクラシックとそれ以外

クラシック音楽のボイストレーニングといえばオペラや歌曲など、少しイメージはつきやすいのではないでしょうか?クラシックではボイストレーニングと言うより声楽と言う風に呼ばれることの方が多いですが言葉が違うだけで内容は同じです。
言ってみれば、クラシックのボイストレーニングは声楽と呼ばれることが多いということです。
クラシックのボイストレーニングも細かく分けることはできるのですが、それはまた別の機会に置いておくとして。
まず、歌のジャンルの一つとしてわかりやすいのはクラシックということはなんとなくおわかりいただけますでしょうか?

そして、その他のジャンルですが、それ以外とざっくり言ってしまったのには、理由があるのです。クラシックとそれ以外の分け目は割とはっきりしているのですが、クラシック以外のジャンルをはっきり分けようとするとなかなか難しい部分があります。

大雑把に分けてしまうとポップス、ミュージカル、ジャズ、演歌、歌謡曲、ブラックミュージックといった感じでしょうか。
ただし、ミュージカルはジャンルとしてくくるにはあまりに多種多様な音楽ジャンルを含んでいます。ですので、ミュージカルに関しては作品ごとにジャンルが変わると思っていただいても問題ありません。

1-2ジャンルってどうやって分けられるの?

ジャンルを羅列されても難しいですよね。そもそも歌のジャンルって何を基準に決められているのでしょう?

発声の方法?歴史?リズムパターン?
もちろんそれらはジャンル分けの必要要素です。ですが、それだけでジャンルが決定するわけではありません。というか、はっきりとジャンルが分類される歌ももちろんありますが、そうでない場合も多いのです。

1-3 あなたが歌いたいのはどんな曲?

とういうわけで、最初からこのジャンルを歌いたい、ということを決めてしまわなくても良いのです。とは言っても、それでは何を基準にしてどんなジャンルを教えている教室に通えばいいのかわからないですよね?
なので、基準にするべきなのは、あなたがどんな歌を歌いたいか、ということ。この<どんな>という部分をジャンルではなくて、歌いたい曲の曲名や憧れる歌手の名前に置き換えるのです。
例えば、絢香さんの歌が好きで彼女の歌を歌いたい、だとか、テレビコマーシャルに使われているあの曲に憧れる・・・といった風に。そういうイメージがあれば講師がそこに近づけるようにレッスンを組み立てていきます。

 

1-4好きな曲を歌うことから始めよう

自分の歌のレベルがどんなものかわからないからどんな曲を選べばいいかわからないというあなた。それではまず、歌えるか歌えないかは置いておいて、好きな歌をあげてみてください。聞いていると心地よい歌、テンションが上がる歌。
レッスンを始める時には、知らない曲よりも知っている曲を、嫌いな曲よりも好きな曲を使ったほうが何倍も効果的です。

2.どんな教室を選べばいいの?

2-1クラシックの歌に強い教室

クラシックの歌を得意にしているボイストレーニング教室は講師に音楽大学声楽科出身の講師が多く在籍しています。大きなボイストレーニング教室は公募して講師を募集しますが、小さいところや中くらいのところは知り合いの紹介などの身近なところから講師を揃えていく教室も多いです。ですので、小さな教室は得意ジャンルの系統が偏ってきたりもします。
クラシックの声楽講師の場合は、芸能事務所に所属しているなどの縛りがない人が多いので、だいたいの場合が講師紹介ページなどにプロフィールを載せています。そこから得意な分野などを読み取ることができます。

2-2ミュージカルの歌に強い教室

ミュージカルの歌のレッスンを得意にしているボイストレーニング教室は、クラシックを得意としている教室と同じく、音楽大学の声楽科出身の講師が多くいます。また、音楽大学を出ていなくても、専門学校などで舞台を学び、その後プロとしてミュージカルの舞台に立っていた人が在籍している教室などはミュージカルの歌を習いに行くのに向いている教室です。
ただし、ミュージカルの舞台に現役で立っている人は事務所に所属している人も多く、その場合、教室の講師ページにプロフィールをのせることができないという方もいます。講師一覧に名前がなくても、そういう講師がいるかどうかがわかれば、その教室を選んでみるのも良いですね。

2-3ポップスや歌謡曲の歌に強い教室

ポップスや歌謡曲に強いボイストレーニング教室には、現役の歌手、もしくは現役の歌手にトレーニングをしているボイストレーナーなどが多く在籍します。
こちらもミュージカルに強い教室と同じく、事務所都合などでプロフィールにすべての情報を書くことができなかったり、プロフィール自体を載せることができなかったりします。
ポップスやミュージカルに強い教室は、講師を基準にして選ぶというのが難しいかもしれません。その場合は問い合わせで〇〇(歌手名)や〇〇(曲名)を歌いたいと思っているのですが・・とあらかじめ伝えておくと良いでしょう。
また、ポップスや歌謡曲はマイクを使って歌うジャンルですので、そのことをしっかり理解している講師や、そのための設備が整っている教室に通うのも大切なことです。

3.体験レッスンに行ってみよう

3-1体験レッスンで見るべきポイント

体験レッスンには有料と無料と有りますが、どこの教室も一度体験して貰えば良さがわかる!という自信から体験レッスンを用意しています。
歌を習うということはほとんどの場合マンツーマンで行われるレッスンですから、もちろん講師との相性が合うかどうかという点がとても大切になってきます。ですから、体験レッスンで見るべき一番大事なポイントは「担当してくれる講師とは相性が合いそうか」、この点に尽きると言っても過言では有りません。体験レッスンは入会した後の担当講師とは違う人が担当するという教室もたまに有りますが、これは体験レッスンの意味があまりないと思っても良いです。
それから、もちろん大切なのは教室の場所や雰囲気。通いやすい場所にあるか、通うとなった時に億劫に感じる部分はないかなど、「もし通うとなったら・・・」という視点でアクセスや教室の雰囲気などを確認しましょう。
レッスンに関していえば、正直なところ、1回の体験レッスンだけでは見えてこないところだらけです。
ただ、講師が自分の得意なジャンルに引っ張ろうとしたり、あなたがやりたいと思っていることを頭から否定したりするような人だったら、その教室はやめておいた方が良いでしょう。

3-2その教室はどんなことを大切にしている?

ボイストレーニング教室の個性というのは、その教室が歌を学ぶ上で何を大切にしているのか、という部分に出てきます。
楽しく歌うことなのか、確実に上達することなのか。
楽しく歌って上達するのが一番ですが、楽しいと上達、どちらの方に多く傾いているのかが一番わかりやすい教室の個性の一つかもしれません。どちらの方が良いというわけではないのですが、あなたがどちらが心地よいと感じるかどうかをあらかじめ想像しておいて見ると良いですね。ちなみにこれも講師によって個人差があるので、講師との相性で見極めることも大切です。

また、レッスンの方法は講師それぞれに一任してあるのか、教室のやり方というものがある程度決まっているのか、なども教室によって変わってくる部分です。

レッスン方法を講師に一任している場合は、講師それぞれの個性やレッスン方法を尊重している、という風に受け止められますし、教室のやり方というものがある程度決まっているところは、講師変更などがあってもスムーズにレッスンが移行できる、講師がどんな人であっても一定のレベルのレッスンを受けることができる、などのメリットも有ります。

選ぶ

4.何を基準にして教室を選べばいいのか

4-1あなたが譲れないポイントはどこ?

あなたがボイストレーニング教室に通うとなったら、「ここだけは譲れない!」と思うポイントはどこでしょう?
そのポイントをしっかり確認してから教室探しを始めると良いですね。

例えば

・家から近い、通いやすい、アクセスの良さ

・女性の講師に習いたい

・レッスンスケジュールの柔軟性

・お月謝価格の安さ

・現役の歌手に習いたい

・有名な講師に習いたい

などなど、希望はたくさんあるでしょう。その中でもこれだけは!と思う部分をいくつかピックアップして、きちんとまとめておいてから、教室を探し始めると、あまり迷わなくなります。

4-2ファーストインプレッションは大切。

人間の第6感はバカにできません。なんとなくこの教室やだなーとか、なんかこの教室楽しそう!!といった感想は、はっきりと説明できなくてもあなたの心がキャッチした大切な情報ですので、しっかり基準にした方が良いです。最初に「この教室なんだかなぁ」と思ったらその気持ちに従った方が懸命です。

4-3通い続けないと見えてこないこともある。

4-2と矛盾するようですが、少し通っただけでは見えてこない教室の良い面、悪い面、ももちろん有ります。途中でなんかここ違うな・・と思ったら思い切って教室を変えることも大切です。大切なことは、疑問に思ったらそのままにしないでなんでも聞くことです。講師と1対1のレッスンだから、なんとなく雰囲気が悪くなるのは嫌だな・・・という気後れから質問しにくいものですが、講師の方も疑問に思っていることを教えてもらった方がレッスンを組み立てやすいので、実はありがたいのです。怖がらずに、どんどん質問していきましょう!そうすることで講師との信頼関係も深まります。

5.結論

いかがでしたか?
ボイストレーニング教室と言ってもその中身は千差万別。色々な教室が個性豊かにレッスンを展開しています。どの教室が良いか、というより自分にあった教室はどこかということを基準に教室選びをしてみてくださいね。
ほとんどの教室が、有料・無料に関わらず体験レッスンを受けられます。迷ったら、とりあえず体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?その際には、ざっくりとでも、自分がやりたい歌のイメージを持って体験レッスンに行ってみましょう。きっと有意義なレッスンを受けることができると思います。

体験レッスンのお申し込みはこちらから

体験レッスンバナー

最近の投稿

選ぶ
歌を習いたいって漠然思っている。だけど自分がやりたいことってどの教室を選んだら実現できるのかわからない、と悩んでいませんか? ここで紹介しているポイントを押さえながらあなたの理想をはっきりとさせることで、あなたが通うべきボイストレーニング教...
伝える
コラム
ボイストレーニング教室で一番大切かもしれないのは先生との相性だとよく言われます。でもそれにはちゃんと訳があります。 「やる気を引き出してくれる」、「気分をあげてくれる」、そういう先生との関わり方ももちろん大事です。が、声楽はほとんどすべて...
More