© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

コーヒーマシン

レッスンの後はコーヒータイム♪

コーヒーマシン

レッスンの後はホット一息♪コーヒータイム♪

レッスンでは毎回、頭も身体もフル回転です。終わった後には私も生徒さんも結構ヘトヘト・・・。
そんな時には、ほっと一息つきたくなります♪
なので、教室にコーヒーマシンを置きました。レッスンが一段落すると、毎回お気に入りのコーヒーの味を選んで、ホッと一息ついています。
カフェインは取りすぎると良くないのでしょうが、でもついつい求めてしまいます。でもまぁ、つい最近のニュースで、「1日にコーヒーを3杯飲む人は、1杯も飲まない人よりも心臓疾患になるリスクが大分低くなる」という研究結果が出たと言っていましたし・・・。1日3杯までならいいかなぁ・・・と勝手に思っています。
お気に入りはフレーバーコーヒーの「バニラ」。甘い香りが疲れを癒してくれます。それからガツンと濃いめのコーヒーが欲しいときはヴォリュートをエスプレッソで頂きます。昔はコーヒーをストレートで飲む事が苦手で、いつもカフェオレとかラテばかり飲んでいたのですが、なかなか大人になったもんだとちょこっと関心。もういい歳ですけど。

コーヒータイム

お好みの味を♪

生徒さんに人気なのはやっぱりバニラです。女性はフレーバー系が好きみたいですね。男性はインテンソとかエスプレッソ系統の濃いめのものが好きなようです。コーヒーひとつとって見ても、生徒さんの好みは様々。音楽と同じで、味覚の好みも「え?この生徒さんがこの味を選ぶんだ!」みたいな面白い発見があったりします。かわいい感じのおっとりとした生徒さんがガツンとインテンソを選んだり、その反対にキリキリした男性がフレーバーを選んだり。発見がいっぱいです♪
コーヒータイムの間は好きな曲をBGMで流したりして。生徒さんがいる時は、少しの間、生徒さんとおしゃべりを楽しみます。レッスンだけでは知り得ない、生徒さんの意外な一面が知れたり、音楽の話に花が咲いたり。そんな時間も次のレッスンにつながっていくんですよね。「音楽は人なり」
音楽を紡いでいく時に必ず人間性って表れて来ます。私もしっかり真摯に音楽に向き合えるよう、心を整えなければ♪
ピアノの前に座ると、なんだか心が凛とするような、ちょっとだけ落ち着いてしゃんとするような気持ちになります。歌う時も。楽譜に対峙するとしっかりしなければ!と諭されているような、そんな気持ちになります。何となく歌う鼻歌とレッスンでの音楽はそこが違うところなのかな、と思ったりします。毎回リフレッシュするような、リセットされるような。そんな不思議な感じが、音楽に向き合うといつもします。

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る