© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

声の色彩

自分の声ってどんな声?

どんな役に向いているの?

声の色彩

よく生徒さんに声種についての質問を受けます。
「私の声ってどんな役にむいていますか・・・?」というような類いの質問。
もちろんその時々、個人に合った声種について考えアドバイスをさせて頂いています。
その度に思うのが、「人間って自分の声を客観的に見つめる事が難しいんだなぁ・・・。」ということ。よく録音した自分の声をきいて、想像と全くちがって驚いた!という経験をききますが、本当に自分の声って自分が予想していたものと違いますよね。今はいろんな録音機材が手軽に使える時代になってきているのでそんな体験したことない!という方もいるとは思いますが・・・。

声種、パート

声種といえばクラシック的にはソプラノ、メゾ、アルト、テノール、バリトンという大きなくくりや、更にその中で細かくリリコ、レッジェーロ、などに分けていく事が出来ます。
基本的にオペラの登場人物の声種は大枠が決められていて、たとえば「椿姫」の主人公ヴィオレッタの役をメゾやアルトの人が演じる事はありません。(すっごく特別に例外があったりもしますが)
ミュージカルのオーディションのエントリーシートなどにも声種を書きなさいという欄があったりしますよね。この他に音域を書きなさいという欄も多くあります。でもちょっと待って。音域も声種も書かせるの??と思う方もいるみたいです。
実際、歌える音域=声種みたいに思われているところは多いですよね。高いところが出る人はソプラノorテノール、低いところが出る人はアルトorバリトンといったように。「だって学生時代に合唱でそうやってパート分けされたもん」という方。そうですよね。そのとおり。でも本当は声種と音域って別物なんですよ。

高低じゃない!質なんです!!

声種はどの高さの声が出るか、、、という事以上にどんな音色の声が出るか?という要素の方が大事です。つまりは声の質。高低ではなく質で分かれるんですね。なので、どれだけ高い音が出る人だとしてもメゾ向きの声質だったら、メゾになった方が良いし、声質が変わる事に伴って声種を変える人もいます。
声を磨いていくという事は、声種までも変わっていくかもしれないという事。今ソプラノだからといって永遠にソプラノだとは限らないのです。これも常に変化していく体が楽器の声楽ならではの醍醐味ですね。

自分の声種、歌声を知りたい!という方、まずは体験レッスンへ!!
バナーをクリック♪
体験レッスン広告

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る