© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

音楽学校受験

練馬、桜台で音楽受験のレッスン。

練馬、桜台の小学校・中学校

音楽学校受験

今日は練馬は盆踊り大会がたくさん!いろんなところからお祭りの囃子の音が聴こえてきます♪
教室の前の桜台の小学校は夏休みに入って元気いっぱいの子どもたちの声がいっぱい響いています。練馬や桜台は小学校や中学校がたくさんありますね。特に目の前にある豊玉第二小学校はスポーツが盛んな様子。いつ教室に行っても校庭で野球やサッカーの練習が行われています。音楽教室の中で仕事をしていると元気いっぱいの子どもたちの声が聞こえてきて、楽しくなります♪

音楽学校受験の勉強

そんな中、今日は音楽高校を受験する生徒様のレッスン。声楽とピアノ、ソルフェージュなど受験に必要な科目はすべてレッスンします。
まずは声楽のレッスンから。イタリア歌曲集の中から、よく受験で出題される曲はすべておさえておく感じで選曲してレッスンしています。sebben crudeleやtu lo saiなどなど。イタリア語の曲というとみなさん、特に中学生の生徒様はちょっと気負ってしまうのですが、大丈夫。イタリア語と日本語の発音はとても似ています。英語の発音よりも簡単です。歌詞の読み方からしっかり教えていくので大丈夫です♪基本的な発声方法からそれを使っての歌唱まで。しっかりと身体の仕組みを理解してもらいながらレッスンしていきます。

副科ピアノのレッスン

ソルフェージュ

そしてピアノのレッスン。今までピアノに触った事もない!という生徒様でしたが、今では楽譜を読む事にも徐々に慣れてきています。ハノンを使った指の動き、鍵盤のタッチの練習、脱力する事でより良い音や弾きやすい状態を作る事などを重点的に練習して、受験に必要なレベルまで一生懸命練習しています!練習曲や簡単な曲もたくさん練習しているので、受験には必ず間に合うでしょう♪

ソルフェージュのレッスン

ソルフェージュのレッスンはとにかく数をこなしていく事が重要です。聴音も視唱もまずは出題形式に慣れる事。そして、音感を養うためにとにかくたくさんの課題をこなしていく事。近道はあまりないので、ソルフェージュだけは地道な努力が必要ですね。それでも聴音は楽典や理論の観点から裏付けして音をとっていく事が可能ですので、そういう聴音の取り方もレッスンしています。
受験まで、何よりも本人の努力が大切だとは思いますが、この生徒さんは本当に頑張り屋さんなので、きっと結果がついてくると確信しています♪

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る