© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

上手く描けたよ(光が丘)

20156/10

イベント大成功♪〜ピアノは何歳から?

アレ君ウィーク

アレ君を描いてみよう!
今週はアレ君ウィークと銘打って、イタリア人イラストレーターのアレッサンドロ・ビオレッティ君と一緒に練馬と光が丘にある「くまちゃんクラブ」(2歳〜4歳児のためのプレ幼稚園)にお邪魔して、小さなお友達と一緒にアレ君が描いた絵本を使ってたくさんの宝物探しや、「アレ君絵描き歌」を楽しみました!

「みつけてアレ君せかいのたび」

何処かな?
アレ君が描いた絵本は、「ウォーリーを探せ!」みたいな感じですが、全て手書きで4色の絵の具のみを使って描いたというとってもあたたかい絵本。アレ君は絵本の中でたくさんの国を旅するのですが、その中からアレ君の故郷のイタリアと日本のページを抜き出して、子ども達と宝物探しをしました。
それぞれの国の宝物に私が歌をつけて歌を歌いながらの宝探し。みんな真剣で、とっても楽しかったです!こういうのって、子どもの方が見つけるの早いですよね〜!!

絵描き歌

上手く描けたよ(光が丘)
そして、アレ君の絵描き歌!私の友人でもあり、イタリアで演出家の勉強を頑張っている女の子が作詞作曲した絵描き歌で、みんなでアレ君を描きました!
子ども達も楽しそう!
みんなに喜んでもらえて良かったです!
小さな子どもは本当に好奇心いっぱい。音楽がなった瞬間に身体が動き出す子もたくさんいて、とても楽しかったです。

ピアノは何歳から習えるの?

上手く描けたよ(練馬)
お母様達から、「何歳くらいからピアノは始められるんですか?」という質問をたくさん頂いたのですが、子どもに興味があれば、3歳くらいからピアノを始める事は可能です。ピアノを弾く事はもちろん、音符のカードを使ったりして楽譜を読む練習もできますよ♪このイベントのように音楽に合わせて身体を動かしたりして、音に親しむ事から始めるのもアリです!
子どもの可能性は無限大♪いろんな経験をさせてあげたいですよね!
今週はそのお手伝いが少しでも出来て、本当に楽しいし、勉強になります!!
明日も光が丘のクマちゃんクラブにお邪魔しまぁす♪

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る