© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

モーツアルト

モーツァルト!

今日のレッスンはドンジョバンニのオペラから「ぶってよマゼット」。なんだかすごい邦題ですけれど、オペラのアリアは通しのスコアには基本的に番号で記載されているものですので(アリアNo.10など)題名はついていないのです。アリアだけを抜き出して演奏する場合、便宜上曲名が必要なので、ほとんどのアリアの曲名は歌い出しの歌詞がそのまま付けられる事が多いです。

で、問題の「ぶってよマゼット」というのは村娘のツェルリーナが他の男(ドン・ジョバンニ)に心を動かされた事を婚約者であるマゼットに謝るアリアです。「私の事をぶって!」とかわいくねだるように言って、マゼットの心から怒りを取り除こうという魂胆。何しろマゼットが自分にぞっこんなのをツェルリーナはよく知っているので、本当に自分を「コノヤロー!」っとぶってくる事などないとわかっているのです。というか、そういう風に強くなれないのがマゼットのいいところなのですから。

男の人を手玉に取るようにコロコロと愛らしく振る舞うツェルリーナの性格そのままに、このアリアも愛らしく歌いながら、音形もコロコロと転がったり、伸びやかに声を広げたり・・・。技巧もさることながら、その技巧に沿うようにしっかりと感情も乗せていかなくてはいけません。発声を崩さずに、技巧に振り回されずに、しっかりキャラクターの心情をしっかりと歌い上げる・・・。難しいですね。特にモーツァルトのアリアはロマン派のオペラなどとは違い、題材が劇的というわけではないので、感情だけで歌い上げるというような力技では通用しないことが多いです。

昔、モーツァルトのアリアが完璧に歌えればどんなアリアも歌える!と教授に言われた事がありましたが、その意味が、年々身にしみて分かるようになって来た、今日この頃です。

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る