© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

セリフレッスン

オーディション用セリフレッスン

オーディションにはセリフ試験もある

今日は、オーディションを受ける生徒さんのセリフレッスンでした。
多くのミュージカルオーディションには書類審査の時に音源審査を並行して行います。その時に歌唱とセリフを録音した音源を提出するのです。
トーン音楽教室は声楽教室中心の教室ですので、セリフレッスンを通常レッスンとして行うことは今はしていませんが、オーディション対策としては行っています。
今日はそんなセリフレッスンの日。まずは生徒さんにどの役を受けるか、もしくはアンサンブルかクワイアかなどのオーディションで受ける役どころを確認します。どの役を狙うか、どのポジションで出願するかによってレッスンのポイントも変わってくるそうです。

レッスンの様子

それでは、レッスン開始。
最初にまず、生徒さんに練習してきた通りにセリフを言ってもらいます。
少し緊張気味の生徒さん。ドキドキですね。

まずは言ってみよう

最初の注意点は、セリフを「読む」ではなくて、「自分の中から生まれてきた言葉にする」ということ。セリフを自分の感情にするということですね。

そして言葉の方向性を考えます。
セリフを言って不自然にならないようにイントネーションなども細かく見ていきます。
並行にまっすぐ放つ言葉なのか。下へ流した方が自然になるのか。。。などなど。

よくわからなくなってきたら、セリフをより自然に自分が話す言葉に置き換えてみたりして、練習してみます。感情の流れが発見できて見違えるように良くなってきました!!

セリフ声の方向

声の高低なども考えていきながら、最後は受験するオーディションの団体の特徴やクセを考えて、それらをセリフに落とし込んでいきます。ここでもまたセリフが別物のようになっていきます。団体によって一つのセリフがこんなにも変化するんですね。

オーディションを受ける生徒さんは多いですが、セリフレッスンまでフォローできる体制が整ってきたのでは最近です。是非是非、沢山の生徒さんにこの特別レッスンを受けていただいて、万全の体制でオーディションに臨んでいただきたいです!

レッスンを受ける前と受けてからとでは大違い!

ミュージカルオーディションに挑戦してみようかな、とお考えの方。
ぜひトーン音楽教室の声楽レッスンを受講してみてくださいね!
お申し込みの際にミュージカルオーディション希望と書いていただければ、専門の講師をご紹介いたします♪

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る