© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

マンツーマンレッスン

1対1のボイストレーニングだから得られること

1.便利でお得?動画レッスン

a.youtubeでレッスン

動画でレッスン

ちょっと想像してみてほしい。youtubeで有名なボイストレーナーがシンセサイザーを弾きながら、「エッジボイスはこうやって出します。聴いてください。これがエッジボイスです福山雅治さんが歌い出しでよくやるあの歌い方ですね。この、喉の部分を少し狭くして詰まるような感じで出します。こんな感じです。」と自分で例を歌いながら指導している動画を、あなたが見ているとしよう。
あなたは動画の中のボイストレーナーがやっていることを見よう見まねで実践してみる。自分なりに喉を狭くして、詰まるような感じで声を出してみる。

それで・・・?

で、ある。

b.1方向レッスンツールの限界

指摘!

どんな分野でもそうだが、スキルアップに必要なのは実践と「検証、修正」だ。
youtubeはとても便利だ。見ながら聞きながら、自分で練習することができる。けれど、あくまで1方向のツールで得られる機会は「練習」であって、「ここはこうしたほうがいいよ」「こうなっちゃっているからこう直そう」と言ったような指摘や指導は受ける事ができない。意味がないとは言わないが、自己満足で終わってしまう可能性は高い。

2.実践。そこにリターンはあるか??

a.見えないから実感しにくい、歌というジャンル

歌というジャンルは余計にそうなのだが、自分で自分の声を検証するという事がとても難しい。録音機材を通して自分の声を聞いてみてもわからない部分が多いのだ。
それは人間の体の構造上、歌っているとき、どこをどのように使っているのかが見えないという点が最大の原因だ。

例えば、先ほどの喉を狭くして、という部分。
喉を狭くしろ、と言われてあなたがやることは何だろうか?

今、声を出せる環境にいた人はきっと声を出してみたことだろう。
そう。声を出してみなければ喉の動きはなかなか実感できない。ボイストレーナーの言っているところの「喉を狭くする」はこうなのか?これか?あれか?
試行錯誤するに違いない。そして、1方向の練習では永遠に答えは得られない。永遠にだ。

b.グループレッスンの限界

1対1のレッスンはスキルアップしていくためには不可欠だし、ある意味1対1でレッスンを行うことは当たり前のことだ。歌の実技レッスンにおいてグループレッスンで実力が身につくことなど100パーセントない。「みんなで楽しく歌いましょう」の世界だ。そこに上達はない。

3.「何を求めて」のレッスンなのか?

あなたが歌を習いたいと思うのはなぜか?
楽しく歌えるようになりたいから
オーディションに受かりたいから
プロの歌手になりたいから
どんな理由であってもいい。
そこに
「上達したい」
という欲求が1ミリでも入っているのなら
受けるべきはグループレッスンではない。
絶対的に1対1のマンツーマンレッスンを選ぶべきだ。
そのほかに上達の道はないのだ。

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る