© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

カラフル!

声楽を習うという事

華やかに歌って

声楽を習うという事

クラシックが好き。オペラが好き。でもそれだけでは自分もレッスンを受けて歌を歌えるようになってみたいとは思わないのではないでしょうか?
歌を歌うという事は他の楽器を習うよりも、楽器を手に入れなくてはいけないというハードルがない分、気軽に始められるものかもしれません。しかし、人前で裏を歌うという事は、人前で楽器を演奏する事よりも少々恥ずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?

歌う事は恥ずかしい?

今はカラオケなどの普及によって、昔程は人前での歌唱に抵抗を感じる方は少なくなって来たように思います。それでも、音楽の授業の時に前に出てクラスメイトの前で一人(あるいは少人数)で歌うテストなんかを受けさせられた経験がある人は少なからずトラウマを持っていらっしゃる方もいると思います。学校で、そして授業科目である限り点数を付けなくてはいけないし、そのために独唱させるという事は理解は出来るのですが、その経験がトラウマになって歌う事事態が苦痛になってしまったら本末転倒だとも思うのですが・・・。

あたらし気落ちで

声楽を習っていただくときに願う事

一番幸せな事は、歌う事が楽しい、開放的だと感じてもらう事。ですから、小さなお子様のうちから一人で歌う事に慣れて欲しいし、自分の歌声に自信を持てるようになってほしい。大人の方だって、いつ始めても物事に遅いという事はないのだから、心を動かされたオペラやクラシック曲があるのでしたら、聴くだけじゃなく、演奏することに挑戦してもらいたいです。
声楽の発声方法を身につけていくと、「うた」の可能性がとても広いことに気づいて頂けると思います。まず、普段話している声と歌う声は明らかに別ものになります。綺麗な声をお持ちの方はさらに磨きをかけて。自分の声にコンプレックスをお持ちの方は、そこから抜け出すためにも。間違いなく、自分の新しい可能性に気づく事が出来ると思います。

音楽を自己満足から表現手段に

また、いつも耳で聴いて歌を覚えているという人には、楽譜から音楽を読み取る能力を身につける事をお勧めします。楽譜はこの世界で唯一と言っていいほどの万国共通記号です。言葉が通じない人とでも楽譜をみれば同じ情報を共有する事ができるのです。そして楽譜には作曲者の意思や感情がそこかしこに息づいて表記されています。それを丁寧に拾い上げていく事が出来るようになると、うたが自己満足やモノマネで終わるものではなく、深く思考し発信する、自己表現の大きな手段になっていきます。
好きこそものの・・・ではありませんが、一歩踏み出してみると、想いもしなかった新しい世界が広がっていくかもしれませんよ♪

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る