© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

ビブラート

トーン音楽教室からの挑戦状vol.2|ビブラートってどうやるの?

ビブラートって何??

ビブラートってどうやったらできるんですか?
と言う質問をよく受けます。
難しいですよねー。よくテレビなんかで半音の間を行き来しながらその動きを早めて行ってビブラートにする、というようなやり方をやっていますが、あれはビブラートというより高速の音階移し?という感じ。(そんな言葉あるのか知りませんが・・・)

ビブラートには大きく3つのやり方があります

1.〇〇でやるビブラート
2.□でやるビブラート
3.△でやるビブラート

○、△、□に入る言葉はなんでしょう??

それぞれに特徴がありますし、どれが優れている、というわけではないのですが、最適な使用箇所っていうのは確かにありますね。
曲やジャンルによって異なってくるので、3種類全部使い分けられるようになるのがBESTです!

3種類のビブラート、それぞれどんな違いがあるのか、などの答えはこちらの動画でチェックしてみてくださいね!

ちなみに。。。
ちょっとだけヒント。
1のビブラートは平井堅さんやオペラ歌手さんなんかがよく使います。
2のビブラートは石川さゆりさんなんかの演歌歌手さんや東宝ミュージカルの俳優さんなんかがよく使います。
3のビブラートは浜崎あゆみさんや西野カナさんなんかのpops歌手さんなんかがよく使います。

TONE音楽教室からの挑戦状(実はこっそり)第2弾です!
「ビブラートってどうやるの??」
ちょこっと考えてから、解答編へGO!!

「ビブラートってどうやるの?」解答編はこちら

関連記事

2人の女性の物語

オペラアリアを歌うためのレッスンを受けるチャンスがここにあります。

今から6年ほど前の話です。 ある二人の女性からちょうど同じくらいのタイミングで「歌を歌ってみたいのだけれど、声楽のレッスンってどんなもの?」という質問を受けました。 2人には共通点が多くありました。二人とも同じくらいの年齢で、二人ともオペラの歌が大好きで自分でも歌ってみたいのだけれどできるかどうか不安だというような悩みを持っていました。

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

ページ上部へ戻る