練馬で声楽を習うならトーン音楽教室

本格的にクラシック声楽、ミュージカル声楽、ボイストレーニングを学べる教室です。

クラシック声楽

ボイストレーニング,ダンス&演技レッスン

トーン音楽教室では主にボイストレーニングや声楽のレッスンを受けることができます
プロの歌手、ナレーター、声優のための発生改善のコースもあります。今の声の出し方に疑問や限界を感じている方は、是非お受けください
舞台に立つためのダンス,演技レッスンを受けることができます。ミュージカルの舞台に立ちたい方はダンス、演技レッスンも必須です

声楽レッスンってどんなことやるの?

声楽レッスンってどんなことやるの?

歌のレッスン
よく知人から「声楽のレッスンってどんなことやるの?」という質問をされます。確かに、ピアノのレッスンやその他のレッスンからは想像がつきにくいですよね。でも基本的には他の楽器のレッスンと同じように考えて頂いて大丈夫です。楽器を上手に演奏するようになる為には基礎練習が大事ですよね?基礎練習は同じ事の反復運動がほとんどですからなかなか楽しいとは感じられませんが、これをおろそかにして行くとかならずどこかで乗り越えがたい壁にぶち当たります。ピアノでいうならハノンの音階練習など。コレをやらないと指がうまく動くようになりませんし、ピアノの音色に体重を乗せて行く感覚も養えません。

発声の大切さ

発声練習
楽器で言うところの音階の練習が声楽でいうところの「発声」に当たると思います。ですから、レッスン開始はまず発声練習から。(その前に少し呼吸法などをやりますが)発声練習をせずにいきなり曲を歌いだすのは準備運動せずにいきなり全力疾走するようなもの。下手をすればアキレス腱が切れちゃいます。なので、発声練習はとっても大切です。その日の自分のコンディションを見る為にも。これも、その日どういうレッスンにして行くのかを見極めるためには大切な事ですからね。レッスンは、その日どういうコンディションか、その日にやろうとしている曲はどんな事に注意を払わなければいけない曲なのか、などを総合的に判断しながら進めて行きます。また一人で発声を復習するときにも指針になるように声の響きだけではなく体の使い方を中心にレッスンして行きます。喉というのは面白い楽器で、違うように働きかけても似たような声が出てしまう事が多々あるものなのです。その場合、耳だけを頼りにしているとどれが正しい発声なのか自分ではわからなくなってしまいます。なのであまり耳は信用しすぎず、体を堂使っているのかを確認しながら発声練習してもらいます。

曲の練習

その後に、発声と曲練習の橋渡しのような練習曲を使って、メロディーラインに乗ったときの発声をどう扱って行くか練習します。応用編ですね。基礎練習からいきなり曲練習に入るのも、特に初心者の方にとっては危険ですから。基礎発声をどのように応用したらうまくメロディーラインに乗せられるのかを練習します。
そして、その後に曲練習。曲には発声中心の練習曲とは違って歌詞や世界観がありますから、それも考えながら、発声の面からも曲の解釈の面からも、多角的な視点で練習して行きます。もちろん一番時間をかけるのは曲練習ですが、発声練習も発声の応用練習もたっぷり時間をかけて行います。それが結局、曲をマスターする為の近道だったりしますからね♪

体験レッスンのお申し込みはこちらから

体験レッスンバナー

最近の投稿

More

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)