© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

ドナート・ディジョイアポスター

ベルカント唱法 マスタークラスレッスン

ベルカントの巨匠バリトン歌手ドナートディジョイア氏からベルカント唱法を一から学んでみませんか?

巨匠ムーティの信篤く、ノセダサンティ、オーレン、スタインバーグなどの巨匠と共演。トリノ・レジョ劇場、ナポリ・サンカルロ劇場、アレーナ・ディ・ヴェローナなどイタリアの名門歌劇場に数々出演する他、アムステルダム・コンセルトヘボウ、バイロイト祝祭歌劇場などにも出演。現在ではイタリアですら失われつつある「ベルカント唱法」の優れた継承者として知られているディジョイア氏がベルカント唱法についてわかりやすく指導して下さいます。
ぜひこの機会に一からベルカント唱法と向き合い、美しい発声を学んでみてはいかがでしょうか?
皆様のご参加をお待ちしています。
60分20,000円+諸経費3,000円(レッスンには専属の通訳がつきます)
日程:12月15日〜19日

バリトン:ドナート・ディジョイア(DONATO DI GIOIA)

ディジョイアポートレート
バロック音楽を始め、モーツァルト、ロッシーニ、 ドニゼッティ、ヴェルディ、プッチーニ、また現代 音楽に至まで幅広いレパートリーをもち、恵まれた柔軟な声質により、“セビリアの理髪師” フィガロ役、“ドンジョヴァンニ” 同役、“ボエーム” マルチェッロ役、“椿姫” ジェルモン役、“愛の妙薬”ベルコーレ役、“トウーランドット” ピン役を始め、 これまで約40役ものレパートリーをこなしている。 イタリアではヴェローナ円形劇場、トリノ王立劇 場、ジェノバ・カルロフェリーチェ劇場、フィレ ンツェマッジョ劇場、トリエステ・ヴェルディ劇 場(最年少最優秀歌手として5シーズンの契約)、 ローマオペラ、プッチーニ・オペラフェスティバル、 ラヴェンナフェスティバル他を始めとするイタリアの主要劇場にて、またマドリッド王立劇場、カ ナダ・モントリオール劇場、ドイツ・バイロイト劇場、アムステルダム劇場、パリ・メッシ劇場、 スロベニア・リュブリャナ劇場、ブルガリア・ヴァルナサマーフェスティバル他、世界各国の劇場 で活躍。また日本には東京文化会館、長崎オペラ、大阪オペラ、2010年にはトリノ王立劇場・東 京公演にてナタリーデッセイ氏と共にオペラ“椿姫”にて来日。 ヴァチカンでのピオ法王の列福コンサートではホセ・カレーラス氏と共演。
カナダではTrois Rivieresの招待、スペイン、バルセロナではBarcelona Concertante Academia の招待にてリサイタルを開催。 これまで、リッカルド・ムーティ氏、マッシモ・デ・ベルナルト氏、ブルーノ・カンパネッラ氏、 ダニエル・オーレン氏、ジャンナンドレア・ノゼーダ氏、クラウディオ・シモーネ氏、ドナート・ レンツエッティ氏、ステーファノ・ランツアーニ氏、ジュリアーノ・カレッラ氏、ステイーブ・メ ルクーリオ氏、ジュリアン・コヴァチェフ、ジョナサン・ウエブ他、様々な著名な指揮者と共演。 ラウール・ヒメネス氏、アルダ・ボレッリ・モルガン氏、ブルーノ・プラティコ氏、マリオ・メラー ニ氏、パリデ・ヴェントウーリ氏に師事。
イ! タリア・ガスパーレ・スポンテイーニ国際コンクール優勝。
近年失いかけているイタリア・ベルカント唱法をドナート氏の美しく柔らかい歌声と、聴衆を魅 了する演技力、現在の歌手には希少となった鮮明に聞こえる歌詞、発音、アクセントなど高いテ ク!ニックと美声はイタリア国内ならず、世界中より賞賛されている。
参考写真:1. Don Giovanni- Opera Krakowska
2. Turandot- Opera de Paris Sud Massy

ドナート・ディジョイア 演奏風景

1レッスン(60分)×123,000円
2レッスン(60分)×245,000円
3レッスン(60分)×367,000円
4レッスン(60分)×488,000円
初回のみ30分での受講も可能。13,000円
聴講料3,000円

お問い合わせ、お申込みは下記からどうぞ♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

受講回数

受講希望日

12月15日12月16日12月17日12月18日12月19日

初回レッスンのみ30分で受講される方はチェックを入れて下さい

初回レッスンのみ30分で受講

聴講者を入れないレッスンをご希望の方はチェックを入れて下さい※聴講者を入れないレッスンをご希望の場合はレッスン時間が午前中に限定されます

聴講者を入れないレッスンを希望

その他問い合わせ

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る