© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

フルーツ

KOKIAさんとsuperflyさんのボイストレーニング

それは本当に表声?

フルーツ

今日はKOKIAさんのI believe〜海の底から〜とsuperflyさんのbeautifulのボイストレーニング
両方とも高音が特徴的な歌ですが、ミックスボイスの裏声に近い部分を使うのと、表声で張る声に近い発声方法という違いがあります。
KOKIAさんの歌は裏声を多用しています。彼女の音域に合うように作曲されていて、表声から裏声へのチェンジをわざとはっきりさせる事で印象深い歌唱になっています。彼女の音域に近い人ならちょっとしたコツをつかむと同じような歌唱が出来ると思います。superflyさんの場合はほぼ表声で張るのですが、そこに少し前に押す感覚ではなく後ろにひいて声を広げていく感覚を入れてあげると上手くいきます。生徒さんも録音した自分の声を聴いてビックリしていましたが、表声で一生懸命張って歌うのと、少し後ろへ抜いて裏声っぽいものを混ぜた声で歌うのと、ほとんど声は変わらないんですよね。ならば苦しい思いだけして広がりの少ない表声を絞り出すよりも、裏声を混ぜてあげた方が良い・・・という結論に自身でたどり着いたようです。

表声至上主義

カラフル

この「表声至上論」はボイストレーナー泣かせだなぁと良く思うのですが、表声だけで高音へ張っていっている歌い手さんは本当はそんなにいないんです。ほとんどは無意識的にもミックスボイスへ移行して歌っているのですが、表声で張って歌っていると思っていると、そうは聴こえてこないのが不思議なところ。自分の声を自分で聞いてみて色んな発声方法で歌った場合の声の聴こえ方を検証してみるというのはとても良い手法かも知れませんね。結果、この生徒さんは前回のレッスンに比べて見違えるほどに上手く両曲を歌いこなせるようになりました。この感覚を身につけてくれたら、どんどん曲の幅が広がっていくと思います。今後の成長が楽しみです。

関連記事

思いを伝える

感情が乗る声乗らない声

まずは声質。あるいは声色とでもいいましょうか。例えば子供の機嫌を取ろうとするときに出すような猫なで声。気のある異性の気をひくために自然と出る、女性ならば「普段より少し高め」男性ならば「普段より少し渋め」の声(笑) こういうのは、伝える相手が目の前にいるから自然と出てくるものですよね。対象人物に直接向かって声を伝えている状態です。

ビブラート

トーン音楽教室からの挑戦状vol.2|ビブラートってどうやるの?

ビブラートって何?? ビブラートってどうやったらできるんですか? と言う質問をよく受けます。 難しいですよねー。よくテレビなんかで…

ヨガ

腹式呼吸のやり方1.2.3

腹式呼吸の簡単な練習方法3ステップ viva陰ヨガ 腹式呼吸は歌でも大事!! 3ステップで簡単に出来る!家で腹式呼吸を練習する…

マンツーマンレッスン

1対1のボイストレーニングだから得られること

動画で何でも簡単にレッスンした気になれる現代。歌のレッスンに限っては動画レッスンは意味がない。リターンのない1方向のレッスンツールは歌のレッスンに限っては効力を発揮しないのだ。そしてグループレッスンにも限界がある。歌のレッスンに最適なのは?

7つのポイント

残り1年でも大丈夫! 音楽大学合格のための7つのポイント!

音楽大学受験のために押さえておくべき7つのポイント。実技試験以外は何を勉強したら良いの?入試のレヴェルってどんなもの?急に進路を決めたから、専攻楽器以外の知識がない!!そんな人でも大丈夫!7つのポイントをしっかり理解して、音大受験を切り抜けよう!

ページ上部へ戻る