練馬で声楽を習うならトーン音楽教室

本格的にクラシック声楽、ミュージカル声楽、ボイストレーニングを学べる教室です。

ボイストレーニング

ボイストレーニング,ダンス&演技レッスン

トーン音楽教室では主にボイストレーニングや声楽のレッスンを受けることができます
プロの歌手、ナレーター、声優のための発生改善のコースもあります。今の声の出し方に疑問や限界を感じている方は、是非お受けください
舞台に立つためのダンス,演技レッスンを受けることができます。ミュージカルの舞台に立ちたい方はダンス、演技レッスンも必須です

KOKIAさんとsuperflyさんのボイストレーニング

それは本当に表声?

フルーツ

今日はKOKIAさんのI believe〜海の底から〜とsuperflyさんのbeautifulのボイストレーニング
両方とも高音が特徴的な歌ですが、ミックスボイスの裏声に近い部分を使うのと、表声で張る声に近い発声方法という違いがあります。
KOKIAさんの歌は裏声を多用しています。彼女の音域に合うように作曲されていて、表声から裏声へのチェンジをわざとはっきりさせる事で印象深い歌唱になっています。彼女の音域に近い人ならちょっとしたコツをつかむと同じような歌唱が出来ると思います。superflyさんの場合はほぼ表声で張るのですが、そこに少し前に押す感覚ではなく後ろにひいて声を広げていく感覚を入れてあげると上手くいきます。生徒さんも録音した自分の声を聴いてビックリしていましたが、表声で一生懸命張って歌うのと、少し後ろへ抜いて裏声っぽいものを混ぜた声で歌うのと、ほとんど声は変わらないんですよね。ならば苦しい思いだけして広がりの少ない表声を絞り出すよりも、裏声を混ぜてあげた方が良い・・・という結論に自身でたどり着いたようです。

表声至上主義

カラフル

この「表声至上論」はボイストレーナー泣かせだなぁと良く思うのですが、表声だけで高音へ張っていっている歌い手さんは本当はそんなにいないんです。ほとんどは無意識的にもミックスボイスへ移行して歌っているのですが、表声で張って歌っていると思っていると、そうは聴こえてこないのが不思議なところ。自分の声を自分で聞いてみて色んな発声方法で歌った場合の声の聴こえ方を検証してみるというのはとても良い手法かも知れませんね。結果、この生徒さんは前回のレッスンに比べて見違えるほどに上手く両曲を歌いこなせるようになりました。この感覚を身につけてくれたら、どんどん曲の幅が広がっていくと思います。今後の成長が楽しみです。

体験レッスンのお申し込みはこちらから

体験レッスンバナー

最近の投稿

More

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)