© 練馬桜台トーン音楽教室 All rights reserved.

フルーツ

KOKIAさんとsuperflyさんのボイストレーニング

それは本当に表声?

フルーツ

今日はKOKIAさんのI believe〜海の底から〜とsuperflyさんのbeautifulのボイストレーニング
両方とも高音が特徴的な歌ですが、ミックスボイスの裏声に近い部分を使うのと、表声で張る声に近い発声方法という違いがあります。
KOKIAさんの歌は裏声を多用しています。彼女の音域に合うように作曲されていて、表声から裏声へのチェンジをわざとはっきりさせる事で印象深い歌唱になっています。彼女の音域に近い人ならちょっとしたコツをつかむと同じような歌唱が出来ると思います。superflyさんの場合はほぼ表声で張るのですが、そこに少し前に押す感覚ではなく後ろにひいて声を広げていく感覚を入れてあげると上手くいきます。生徒さんも録音した自分の声を聴いてビックリしていましたが、表声で一生懸命張って歌うのと、少し後ろへ抜いて裏声っぽいものを混ぜた声で歌うのと、ほとんど声は変わらないんですよね。ならば苦しい思いだけして広がりの少ない表声を絞り出すよりも、裏声を混ぜてあげた方が良い・・・という結論に自身でたどり着いたようです。

表声至上主義

カラフル

この「表声至上論」はボイストレーナー泣かせだなぁと良く思うのですが、表声だけで高音へ張っていっている歌い手さんは本当はそんなにいないんです。ほとんどは無意識的にもミックスボイスへ移行して歌っているのですが、表声で張って歌っていると思っていると、そうは聴こえてこないのが不思議なところ。自分の声を自分で聞いてみて色んな発声方法で歌った場合の声の聴こえ方を検証してみるというのはとても良い手法かも知れませんね。結果、この生徒さんは前回のレッスンに比べて見違えるほどに上手く両曲を歌いこなせるようになりました。この感覚を身につけてくれたら、どんどん曲の幅が広がっていくと思います。今後の成長が楽しみです。

関連記事

発表会

発表会申し込みフォーム

トーン音楽教室、トート音楽教室、オトイック合同発表会へのお申込みフォームです。 練馬生涯学習センターにて2017年7月8日(土)に開催されます。

二人を分けたものは?

声楽を習ってみたいけど、どんな教室、先生が良いのか不安で動けないあなたへ

声楽を習ってみたい。オペラやミュージカルのナンバーを歌ってみたい。 そう思っても一歩踏み出せないその理由はなんですか? どんなレッスンをするのかよく分からないから? 人前で歌うくらいなら一人で歌っていた方が楽しいから? でも想像してみてください。歌が楽しくなったら・・・もっともっと上手に歌えるようになったら・・・みんなから「歌声が素敵だね!」って言われるようになったら・・・。 とっても素敵だと思いませんか?

ダンス審査

舞台の世界で通用したいなら、ボイストレーニングは必須!

現在の俳優界はミュージカル舞台、漫画やアニメをミュージカル舞台化した2.5次元ミュージカルなど、ほとんどの作品オーディションで「歌えなければ話にならない」というオーディションが増えています。今後もその傾向は強くなっていくでしょう。 そんな世界で戦うのなら、「歌」という武器を磨かずに立ち向かうのは無謀というものです。 しっかりとレッスンを受けなくてもなんとなくできてしまうのが「歌」。 だけど、プロはそのなんとなくを見逃しません。 プロの世界で通用したいのなら、絶対にきちんとしたミュージカルや舞台用のボイストレーニングを受けるべきです。

体と向き合う

ボイストレーニングと体幹

声が楽器になるボーカル(声楽)というジャンルは、他の楽器の人が楽器の手入れをするように、あるいはピアノを調律師さんが調律をするように、自分の体をメンテナンスしていかなければいけないのです。 それは健康を保つということとはまた違った意味で、どちらかというとアスリートがトレーニングをして自分の種目に適した身体を作り上げていくのに近いものがあります。

プロの舞台

経験者の方のボイストレーニング

実はトーン音楽教室には現役の舞台俳優さんや声優さんが多く通っていらっしゃいます。 「声」を武器にして日々活躍されている方達だからこそ、その「声」が持つ力の必要性を痛感していらっしゃるのです。魅力的な声で話すこと、歌が上手に歌えること、即戦力になる力を持っていること。これがプロの世界で生きていく上でどれほど有利になるのか、を身を以て実感しているからこそ、ボイストレーニングの必要性を強く実感するとおっしゃってくれています。

ページ上部へ戻る